アントシアニン豊富な紫色の野菜の効能は? | ブルーベリーサプリをはじめとしたベリーサプリメントの徹底比較ランキング

ベリーサプリ比較ランキング

アントシアニン豊富な紫色の野菜の効能は?

紫色の野菜には、アントシアニンが含まれています。
紫色の野菜にはどのようなものがあり、その効能はどのようなものでしょうか。
これからは疲れがたまる夏にはとっておきの効果があるようです。

紫色の野菜に含まれるアントシアニンの効能

アントシアニンは、ポリフェノールの一種で紫色の天然色素です。
このサイトで紹介してあるベリー系には豊富に含まれています。
アントシアニンには強い抗酸化作用があります。

主な効能は

*視覚機能の改善。
*眼病予防。
*メタボリックシンドロームの予防。
*花粉症の予防。
*美肌効果。

などです、アントシアニンにもいろいろな種類があり、効能も、多少の違いがあります。

なす

なすの紫色は、アントシアニンのナス二ンという成分です。
アクにはクロロゲン酸というポリフェノールが含まれ、抗酸化作用があります。
食物繊維も豊富に含んでいます。

*夏バテを予防(コリン)
*生活習慣病の予防(コリン、ナス二ン、食物繊維)
*ガンの予防、抑制(クロロゲン酸、ナス二ン)
*便秘解消(食物繊維)
*抗炎症作用(プロテアーゼインヒビターを含む)

紫いも

沖縄で取れるサツマイモの紫色の品種です、紫いもたるとが沖縄お土産では有名ですよね。
紫いもは、紫色のサツマイモでアントシアニン、ビタミンC、E、βーカロテン、食物繊維などが含まれています。

*視機能を改善(アントシアニン、βーカロテン)
*美肌、美白効果(ビタミンC、アントシアニン)
*便秘の解消(食物繊維)
*生活習慣病の予防、改善(食物繊維、アントシアニン)
*アンチエイジング(アントシアニン、ビタミンC、E 、βーカロテン)
*免疫力を高める(ビタミンC)
*肝機能を高める(アントシアニン)

紫キャベツ

紫キャベツはアントシアニン、食物繊維、ビタミンC、カリウム、カルシウム等のミネラルを豊富に含み
キャベツ特有のビタミンU(キャベジン)を含んでいます。

*免疫力を高める(ビタミンC)
*ストレスを和らげる(ビタミンC)
*肌荒れ予防(ビタミンC)
*便秘の解消(食物繊維)
*動脈硬化を予防(アントシアニン、食物繊維)
*胃腸の粘膜を健康に保つ(ビタミンU)

紫玉葱

たまねぎよりも辛味や臭みが少なく水分が豊富です。
紫玉葱には、アントシアニン、アリシン、が含まれれています。

*動脈硬化の予防(アントシアニン、アリシン)
*血流改善(アリシン)
*疲労回復(アリシン)
*感染症の予防、(アリシン)
*食欲増進(アリシン)
*血糖値の上昇を抑える(アリシン)

赤シソ

赤シソには、アントシアニン、ポリフェノールの一種ロズマリン酸、、ビタミン類、ミネラルを豊富に含みます。
ジュースに入れると鮮やかなピンク色になり夏ばてに効果的な野菜です。

*アレルギー症状を軽減(ロズマリン酸)
*目の健康を保つ(アントシアニン、βーカロテン)
*食欲増進(ぺリルアルデヒド)
*免疫力を高める(βーカロテン、ビタミンC)
*ストレスを和らげる(ビタミンC,カルシウム)
*骨や歯を丈夫にする(マグネシウム、亜鉛)
*疲労回復(ビタミンB1)
*貧血予防(鉄、ビタミンC)
*血液をサラサラにする(αーリノレン酸)