ワイルドベリーとは | ブルーベリーサプリをはじめとしたベリーサプリメントの徹底比較ランキング

ベリーサプリ比較ランキング

ワイルドベリーとは

ワイルドベリーはワイルドストロベリー、和名をエゾヘビイチゴといい、ヨーロッパでは幸運と幸せを呼ぶと言われています。

・ワイルドベリーとは

ワイルドべリーまたはワイルドストロベリーと呼ばれる植物で、地中海沿岸原産で
バラ科のハーブです。寒さに強く涼しい気候を好み
ヨーロッパでは幸運と幸せを呼ぶと言われ、アメリカでは奇跡を起こすと言われています。
春から秋にかけて、白い花を咲かせ、赤や白い実を付けます。
ヨーロッパでは16世紀から栽培され、その以前には、薬用植物の一種として病院で栽培されていました。
日本でも北海道で帰化し自生しています。
日本でこのハーブを育てて結婚できたということが話題になり、栽培に人気のあるハーブです。

・ワイルドベリー茶の効能

ワイルドベリーの葉はハーブティーとして飲まれており
くせもなく、番茶の様な味で飲みやすいお茶です。
他のハーブティーとブレンドすることで、相乗効果もあり

*腎臓の機能を高める

腎臓の機能を高める、鉄分、カルシウム、リン フラボノイドを含み、利尿作用があります。
体内の浄化作用をが促進されむくみが取れ、血尿、膀胱炎、腎臓結石に効果があります。

*下痢に効く

タンニンが含まれ食後に飲むことで、下痢に効きます。

*胃炎、肝臓炎を収める

*歯への効果

歯の黄ばみをとり、歯石を取り除き、歯や歯茎を丈夫にします。

*関節炎、リウマチ、痛風の痛みを和らげます。

*咳止めの効果がります。

*収斂作用がありオイリースキンの収斂化粧品としても使われています。

フランスでは1549年に、セントフランソワ修道院で、ハンセン病の治療に使われたという記載があります。

・ワイルドベリーの実の効果

ワイルドベリーの実は赤く熟したものをイチゴのように、そのまま食べたり、ジャムや果実酒にします。

ワイルとベリーの実は、多くのビタミンが含まれており特にビタミンC、鉄分が豊富で貧血に効果があります。
腎臓、肝臓を強化します。
民間薬として、つぶした実を皮膚の炎症、火傷などに外用されることもあります。