マキベリーの成分や効果 | ブルーベリーサプリをはじめとしたベリーサプリメントの徹底比較ランキング

ベリーサプリ比較ランキング

マキベリーの成分や効果

マキベリーは、古くからチリのパタゴニア地方の原住民に愛されてきた果実です。
マキベリーは抗酸化力が強いことから、注目されています。

・マキベリーとは

マキベリーはホルトノキ科の植物の果実で、チリ南部パタゴニア地方に自生しています。
果実は深い紫色をしています。
パタゴニア地方の先住民族、マプチェ族により収穫されてきました。
スペイン帝国支配の時に、最後まで抵抗した民族で、
マプチェ族が強靭であったのはChicha(マキベリーの発酵酒)をのんでいたから、との記述より注目されるようになりました。
マキベリーは豊富な栄養があり最近多くの研究が行われています。
ビタミンCや、鉄分、カリウムなども豊富で
特に注目されるアントシアニンによる抗酸化力は、果物の中でも最高レベルの値を持っています。
その外観や、アントシアニンの効果から、パタゴニアン ブルーベリーと呼ばれています。
地元では、ジュースやジャム、ワインにして飲まれたり、民間薬として下痢止め、抗炎症剤、解熱剤として使われています。

・マキベリーの効果

*炎症を抑制する

マキベリーの深い紫色は、アントシアニンという色素で非常に豊富に含まれています。
8種類もの異なるアントシアニンが含まれています。
またブルーベリーやアサイー、ビルベリーなどアントシアニンが豊富なベリーがありますが、マキベリーはそのなかでも最上ランクにアントシアニンが豊富です。
その中でもデルフィニジン類には強い抗酸化力があり、
炎症にかかわるCOX−2というたんぱく質の増加を抑える効果があります。

*老化を防ぐ

マキベリーの抗酸化作用により、血液中のコレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化、心臓病、脳卒中の予防をします。
老化の原因である、活性酸素は、蓄積されると遺伝子、細胞が傷つき老化が起こりますが、マキベリーの強い抗酸化作用で
活性酸素を取り除き老化を防ぎます。
有害な活性酸素のほかにも、有害な化学物質をブロックし健康な血液環境となり、心疾患の処置にも使われています。
デルフィジ二ン類アントシアニンは、その強い抗酸化力から皮膚の老化に関係する紫外線による細胞死や、脂質の酸化を、防ぐ働きをします。

*糖尿病の予防

マキベリーには、糖の合成抑制と、エネルギー変換促進の働きがあり
血糖値を下げ、糖尿病予防の効果があります。

最近はなまるマーケットでも取り上げられた?!

抗酸化力であるポリフェノールがベリー系のなかでも格段に豊富なため、美容好きの女優さんにも注目されているのであのはなまるマーケットでもとりあげられました。そのときはパウダー上のマキベリーでした。
ちょうど日本の裏側にあるスーパーフルーツマキベリーをフルーツのまま食べてみたいですね。最近はサプリメントとしても販売している会社さんもあるので探してみてくださいね。

マキベリーのサプリメント

マキベリーが豊富に入っているサプリメントの紹介です。

アスタブライトのデータ

アスタブライト
マキベリーを一粒に100mg粒配合のサプリメントです。目に良い成分が配合されているサプリメントです・
最安値:1,980円(一般価格5,300円)


マキベリーパウダー

オーガニックマキベリーパウダー
日本で手に入れられるマキベリー商品ではこれが一番マキベリーを摂取することが可能です。
最安値:4,800円


マキベリーサプリ

マキベリーチュアブル
ぼりぼり食べれるようなサプリメントです。
最安値:2,268円