ブルーベリーの成分や効果 | ブルーベリーサプリをはじめとしたベリーサプリメントの徹底比較ランキング

ベリーサプリ比較ランキング

ブルーベリーの成分や効果

ブルーベリーは戦後日本に伝わり長野、岩手、青森県などで栽培されるようになった比較的新しい
フルーツですが、その効能が注目されています。

・ブルーベリーとは

ブルーベリーは、アメリカ原産の果実で多くの種類があり日本では長野県で多く栽培されていますが、
北海道から鹿児島まで栽培されています。
生食は比較的日持ちが良く、冷蔵庫で1週間持ちます。
ジャムにしたり、果汁、ドライフルーツ、冷凍保存されます。
果糖、ブドウ糖を中心に糖分が多く甘味が強く、甘酸っぱい味が人気があります。
熟すると色がより濃い青紫色になります。
国産のものや、アメリカや、ニュージーランドからの輸入物が販売されています。
その多くの効能が注目されサプリメントが多く作られています。

・ブルーベリーの成分や効果

ブルーベリーの青紫色は、水溶性色素のアントシアニンで、抗酸化物質で抗がん効果や
血糖値の上昇を抑制し糖尿病を予防します。
特に、視力の向上や、眼の疲労の善効果が注目されています。
ブルーベリーには15種類野アントシアニンが含まれています。
ビタミンAも多く含まれ、皮膚や目、鼻などの粘膜を保護する働きや、眼の網膜を丈夫にし夜盲症を魚防止ます。

ブルーベリーに含まれる、フラボノイドは抗酸化作用があり、
がんを予防し、老化防止、動脈硬化、高血圧、脳卒中を予防します。
利尿効果もあり、むくみの解消効果もあります。
ブルーベリーは、皮ごと食べる果物で、果皮と実の栄養素も無駄なく食べることが出来ます。
食物繊維も豊富に含まれ、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を含んでいます。
食物繊維は、腸内環境を整え、便秘解消にも効果があります。
ポリフェノールのタンニンは、収斂作用があり、荒れてしまった腸の粘膜を保護し、下痢の改善効果もあります。

ミネラルも多く含まれ、カリウムは、血圧を安定させ、マンガンは、骨の形成に役立ち、活性酸素を除去します。
亜鉛は、酵素の材料になり、細胞の生まれ変わりを促進します。

アルブチンは尿路殺菌作用があり、膀胱の感染症を予防します。

以上のことから、ブルーベリーは次のような人にお勧めです。

  • *目の健康を維持したい。
  • *眼の疲れが気になる。
  • *老化を防ぎたい。
  • *便秘
  • *下痢
  • *生活習慣病
  • *膀胱の汗腺を予防したい。