アントシアニン豊富なぶどうの効果 | ブルーベリーサプリをはじめとしたベリーサプリメントの徹底比較ランキング

ベリーサプリ比較ランキング

アントシアニン豊富なぶどうの効果

ぶどうには多くの健康に役立つ成分がふくまれています。

・ぶどうとは?

ぶどうは世界最古の果物の一つで、古代エジプトの壁画にも描かれ、5000年以上前からワイン造りも行われていました。
日本へは、奈良時代に伝わったと言われています。
ブドウの品種は多く、世界には一万種以上もあると言われています。
日本では約40種ほど栽培されています。巨峰、デラウエア、甲州、マスカットオブアレクサンドリア、等が有名です

・ぶどうの効能

*視機能を改善。

ぶどうにはアントシアニンが豊富に含まれ、目の周りの血流の改善をし、眼精疲労を改善します。

*生活習慣病の予防、改善。

ぶどうに含まれる、ポリフェノールの抗酸化作用から、動脈硬化を予防し、カリウムが血圧をコントロールし、高血圧を抑えます。
また血糖値の上昇を抑制する作用もあり、糖尿病の予防効果もあります。
アントシアニンは、内臓脂肪の蓄積を抑え、メタボリックシンドロームの予防効果もあります。

*アンチエイジング

ぶどうのレスベラトロールには、細胞の生まれ変わりを正常に保ち、細胞の質の低下をを防ぎ老化を防ぐ効果があります。
ポリフェノールや、ビタミンCは、紫外線などのストレスから肌を守り、肌のシミ、そばかすの予防をし美肌効果があります。

*疲労回復。

ぶどうには、体に吸収されやすい糖質の、ぶどう糖,果糖がふくまれ、体内で素早くエネルギーに変換されるため、即効性のエネルギーとなり疲労回復をします。
疲労物質の乳酸を、有機酸がエネルギーに変えるため疲労の蓄積を抑えます。

*下痢の予防。

ぶどうには、タン二ンが含まれ、強い殺菌効果があり腸内の悪玉菌を減少させ、悪玉菌が原因の下痢に効果があります。

*むくみの予防改善。

ぶどうのカリウムの利尿効果から肝機能、腎機能を高めむくみの解消、予防効果があります。

*抗がん効果。

ぶどうに含まれる、フラボノイド、アントシアニン、カテキン、タンニンには、抗がん作用があります。

・グレープシードオイルの効能。

ぶどうの種子からグレープシードオイルは作られます。
高温でも酸化しにくいことから、揚げ物や、オイルフォンデュの油として使われワインの産地のフランスや、イタリアでは調理などに良く使われています。

必須脂肪酸の、リノール酸、オレイン酸を含みまた抗酸化作用を持つ、プロアントシア二ジンを含みます。
ビタミンEが血行を良くし、老化を防ぎます。
抗酸化作用から、動脈硬化を防ぎ、生活習慣病予防効果があります。
アトピー性皮膚炎にも効果があります。