ぶどう種子エキスとは | ブルーベリーサプリをはじめとしたベリーサプリメントの徹底比較ランキング

ベリーサプリ比較ランキング

ぶどう種子エキスとは

ぶどう種子は、ワインの産地のフランス、イタリア、スペインなどでぶどうの種子から抽出されたエキスや、
油を健康成分として利用されています。

・ぶどう種子とは

ワインの産地のフランスやイタリアなどでは、ワインの副産物としてぶどうの種子から油を作り
食用油としてヨーロッパでは古くから使用されています。
高温に強く焦げにくく、酸化されにくいことから、オイルフォンデュのような揚げ物の油として利用されています。
癖がなく、さらっとした油で、ドレッシングや、マリネにしても、素材を生かす料理に使われています。
マッサージオイルや、化粧品にも利用されています。
またぶどう種子エキスも注目されています。

・ぶどう種子エキスの効能

ぶどう種子にはポリフェノールの一種で強い抗酸化力のある、プロアントシア二ジンが含まれています。
プロアントシア二ジンの抗酸化力はビタミンEの5倍もあると言われています。

*動脈硬化の予防

抗酸化力が強く、血管内の悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化、高脂血症の予防をします。
心臓病、老化、がん等の生活習慣病の予防の効果があります。

*抗炎作用

関節炎などの症状を緩和する抗炎症作用があります。
傷や、細胞修復を速める効果があります。
そのことからアトピー性皮膚炎にも効果があります。

*美白効果

プロアントシア二ジンは、シミや、そばかすの原因となる
メラニンの生産抑制効果があり、美白効果があり、色素沈着などの予防になります。

*美肌効果

ぶどう種子エキスを直接肌に塗ることで、美肌成分のコラーゲン、エラスチンを分解してしまう酵素の
コラゲナ―ゼや、エラスターゼの活性を抑制し、肌にハリや弾力、潤いを与えます。

*白内障の予防

ぶどう種子エキスは網膜を保護する効果があり、白内障の予防に、民間療法として用いらtレています。

・ぶどう種子油の効能

ぶどう種子油は、必須脂肪酸であるリノール酸とオレイン酸が豊富に含まれています。
リノール酸は、悪玉コレステロールを下げる働きや、肌の保水力を高める働きがあります。
ビタミンEも豊富で血流が良くなり、またその抗酸化作用から、老化防止効果美肌効果もあります。