アントシアニンとは | ブルーベリーサプリをはじめとしたベリーサプリメントの徹底比較ランキング

ベリーサプリ比較ランキング

アントシアニンとは

アントシアニンとは、ブルーベリーやナスなどに含まれる、ポリフェノールの一種で
青紫色の色素です。
アントシアニンは古くから、目の健康に良いことで知られています。

・アントシアニンの植物に於いての働き

アントシアニンは、植物が紫外線などの有害な光から守るために、青紫色になります。
光が当たっているほど色が濃くなります。

・アントシアニン色素

アントシアニンは、天然の色素として古くから食品の着色に用いられています。
梅干しの赤色は、赤シソのアントシアニンによるものです。
天然の着色料として安全性も高いことから加工食品の着色料としても使用されています。

・アントシアニンの健康に対する効果

アントシアニンには多くの効果効能があります。

*視覚機能を改善

視覚とは、光の情報を目の網膜にある、ロドプシンが受け取り、脳が信号と受け取りものは見えるという感覚になります
ロドプシンは光を受けて分解し、また再合成されることの繰り返しを行っていますが
目の酷使によって、この再合成機能が遅れ、眼がしょぼついたり疲れ目の原因となります。
アントシアニンは、ロドプシンの再合成を促進し、視覚機能を改善します。
アントシアニンには、暗順応(明るい所から暗い所に入ったときに、目が見えてくること)の改善や
眼精疲労、眼圧、眼の血流が改善されます。

長時間集中してパソコンなどを見ていて、目の焦点が固まってしまい疲れ目の原因になりますが、
これは毛様体筋が緊張した状態になるために起こります。
この状態が続くと、近視になりやすく、ビルベリーやカシスのアントシアニンは毛様体筋の緊張を和らげます。

アントシアニンは、抗酸化作用で、水晶体が紫外線による酸化のダメージから守り、緑内障、白内障の予防になります。

*メタボリックシンドロームを予防

アントシアニンは、血液中の脂肪の蓄積を抑えサラサラ血液にします。
動脈硬化を抑え、血圧を押さえる働き、血糖値を抑える働きがあり、これらの生活習慣病の要因を抑ます。

*花粉症を抑える

アントシアニンは、花粉症の鼻水や目のかゆみ原因のヒスタミンを減少させる効果があります。

・アントシアニンを含む食品

アントシアニンを多く含む食品はビルベリー、ブルーベリー、カシス、黒豆、なす、ぶどう、紫いも、紫キャベツ、紫玉葱、赤シソです。
アントシアニンは体内に吸収されると24時間以内に、尿に排泄されますので、毎日採ることが重要です。